FC2ブログ

完全寛解から10年、完治から5年経って思うこと

 10年前の2010年6月25日、予想だにしなかった悪性リンパ腫ステージⅣからの完全寛解を迎えることが出来ました。しかし担当医からは、当然の様に数ヶ月以内に再発する可能性が極めて高いので覚悟しておく様にとも言われ、5年後の完治を迎えるまでは険しい道のりがある現実を知りました。
 そして寛解後2ヶ月後の8月末には、担当医の予言通りに急に体調が悪化して動けなくなる不安な状況もありましたが、結局一度も再発をせずに完治を迎えました。
 更に完治からも、本日5年間を無事に過ごすことが出来ました。何度も今度はダメだろうという心が折れそうになる時もありましたが、まさか寛解を迎えられ、更に10年後に健康で生きていられるとは治療中は想像もしませんでした。
人生は、全く想定がつかないものだとつくづく思います。

 ガンの経験から得られた一番大事な事は、「病気や体調不良は、現在の間違った生き方を教えてくれる『サイン』なのではないか?」ということです。
 ガン告知を受ける約10年前から些細な体調不良が始まりましたが病院にも行かず、生活スタイルも改めないでいると突然電車で倒れてパニック障害の診断を受けました。この時に少しの期間休んで心身共に治せば良かったのですが、自分の身体よりも目先の生活維持を優先して一層心身に負荷の掛かる仕事を続けました。
 すると身体は、「こいつは、まだわからないのか?」と言わんばかりに、末期の悪性リンパ腫という最終手段に打って出たのです。もっと早く身体の悲鳴を真摯に受け止めて生き方や考え方を変えていれば、または周りの誰かが無理やりでも止めてくれていれば、末期ガンにはならずに済んだと思っています。
 様々な病気で苦しんでいる方も、病気や体調不良が生き方や考え方を変える為のサインだと考え、何か思い当たる節があれば病気を解決できるかもしれません。
 つまり身体に悪影響を及ぼす何らかの原因がなければ、病気や体調不良という結果は起きないという『原因と結果の法則』が病気にも当てはまることを、ガン治療を通して知ることが出来たと思います。

 そこで私は完治を迎えた後に、病気の原因となった自分が我慢すれば物事は上手くいくとか、始めた事はどんな事があっても最後まで責任をもってやりきるとか、物事は全て完璧にトラブルなく進めたいとか等々の『自分が決めたこだわり』を続けることを止めました。
 すると予想はしていましたが様々な問題が起きましたが、ここで諦めてしまったら抗がん剤治療等の辛い状態を乗り越えた時間や死を覚悟して暮らした時間を費やすことで得られた「今が人生を変える最後のチャンスという貴重な気づき」が無駄になってしまいますし、そもそも物事の変革には痛みが伴うのは仕方がないと考えて意思を突き通しました。
 お陰様で現在は、人の事は気になっても気にせず、物事に囚われる事なく生きることがようやく始められ、少しずつ気持ちが楽になりました。要は無理を続ければ、その歪みは最終的に全て自分に戻ってくるのだということです。ガンになった時に、病気になった意義に気づいて生き方や考え方を変えていなければ、担当医の診断通り10年近く前に永遠の眠りについていたと思います。

 昨今のSNSでは、有名人の皆様が『がん治療は辛いぞ!発信』を繰り返し発信されています。治療経験をした立場から思うのは、あれでは初めてがん告知を受けた瞬間に『治療は辛いから嫌だ!』という先入観が先に立ち、最後のやり直すチャンスかもしれない『気づきのチャンス』を逸してしまうのではないかと心配しています。軽い怪我をしても、注射一本打っても、痛い、痛い大騒ぎする人もいますし、そもそも抗がん剤治療の方法は各人の症状や病院によって違いますので、当然治療の辛さも違うと思います。私の場合は、開き直ってガン治療も貴重な経験だと思うようにしていましたし、どうせ抗がん剤治療を受けるなら薬を全部ガン細胞で吸い取ってやる!というイメージで点滴治療を受けていました。

 病気の治療をされている方は、他人の主観的闘病情報に惑わされずに「もしかすると病気は身体からの『貴重なサイン』なのではないか?」という視点で病気になった意義を考えてみると何かが変わるかもしれません。
 現在私は、身体の発するサインに耳を傾けて生活をする習慣に変えたことで健康に暮らしています。ちなみにこのブログも他人の主観に基づく闘病記ですから、この様な考え方(都市伝説)もあると参考にして頂ければ幸いです。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

tag : 悪性リンパ腫 ガン 闘病記 都市伝説

ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
  ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村検索ツール