スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師のガン余命宣告を信じますか?

6月に完治の診断を受けて、早いもので6ヶ月が経とうとしています。
現在の仕事は病院などの医療機関様とお会いする機会が多いのですが、病院の先生などにお会いした際にわたしの経験した悪性リンパ腫のことが必ず話題になります。

わたしの場合は、悪性リンパ腫のステージがⅣでした。
『原発はここで、こことここに転移をしていて。。』と診断された内容をご説明すると、先生方は『PET/CTの写真とかあると、分りやすいんだけど。。』と必ず仰います。
この様な場合は、診察時にスマホで撮影しておいたPET/CT写真を『こちらで宜しければ』とお見せすることにしています。すると、『完治しているから言えるけど、今ここにいるのは正直奇跡に近いね。』と何人もの先生が口を揃えて言われるのです。

実際の平成22年1月末の診断は、最悪のケースでは来年のお正月は迎えられないという余命宣告がされていました。(わたしの場合は、告知不要としていたので寛解後に知ったのですが。。)
今年6月の完治診断を頂いた際に担当の医師に再度確認をしましたが、診断当初は完全寛解も難しいと考えていたそうです。ところが結果的には完全寛解に終わらず、完治にまで至ったことは嬉しい誤算だったと仰られていました。
つまり、私への余命宣告は、どの病院のどの先生がされても当たらなかったケースに当たります。

仕事でそんな経験を何度かしていた所、2015年11月5日付けの日経グッディの『医師が宣告する「余命」の7割は当たらない』という記事を読み、面白い記事だと思いましたのでご紹介します。
日経グッディ : http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/042400011/110400017/
 (無料の日経グッディ会員登録をして、お読み下さい。)

この記事の中で特に気になったポイントは、2つありました。
① 多くの病院では、抗がん剤治療を専門にしていない医師が抗がん剤治療を行っている事
  結構、ビックリする事実です。仮にわたしが抗がん剤が専門でない医師に治療を受けていた場合は、間違いなく余命通りに亡くなっていたと思います。抗がん剤治療が主となる悪性リンパ腫の場合は、専門医がいる病院を選ぶ事が生き残る為には最も重要なポイントだと思いました。

② 国立がん研究センターで行った「標準治療が終了したがん患者さんに対する、医師の余命告知は当たるか」という研究では、「当たったのは3割強」だったとの事
 誰もが知っていて信頼性の高い国立のがん研究センターでさえ、3人に1人しか余命告知が当たらなかったという事実からすると、仮に余命が短い告知を受けても参考にする程度に考えて前向きに治療をするべきではないかと思います。余命が短いから諦めるのは、自分の命を医者に預けてしまう行為であり可能性を捨ててしまう行為に他なりません。
また余命宣告をする医師は、患者が聞いて希望を持てる工夫をする事でその後の治療結果に大きな影響を与える事を考えるべきだと思います。希望を持たせて、治療に前向きにさせるのも医師の重要な責任だと思います。

過去のブログでも書きましたが、患者が自らの責任で治そうと考え始める事が、病気を治すプロセスの第一歩だと思います。別の記事にも『先生にお任せします』という患者は、病気が治る可能性が低いと書かれていました。
最先端の日本の医療に加え、がんになった原因(食生活などの間違った生活習慣)を改善して、自らの自然治癒力を様々な手段で高める事で、医師の余命告知をいい意味で覆す事も出来ると思います。但し、偏った代替医療の情報や生活習慣の改善では、逆にマイナスになる場合も多くあると思いますので情報を見極められる知識も重要になります。健康な時からこの様な情報を見極める為に、日頃から医療の知識をつける努力をしておく事が自分の命を守ることに繋がると思います。
病気になると大変不安になり医師に頼りたくなるのは非常に良く分りますが、神の様な医師に巡り合える確立は少ないと思いますので、自分の命は自分で守る努力が大切です。

余命宣告は死刑宣告の様なものですが、場合によっては、わたしの様に全ての医師の予想を反する結果が出せる場合もあります。余命宣告はあくまでも参考にして、気を落とさず前向きに取り組む事が一番だと思います。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

損していませんか? 処方箋の薬代!

今回は、久しぶりに耳寄りな情報をお知らせします。

今年の6月に完治というか治癒の診断を受けてから、気分的にも健康な人になった感じです。
とは言え、昔から続く職業病の首肩凝りは、年齢を重ねる事で治りずらくなり定期的にお薬を頂いています。原因はPCに向かい過ぎということは明確なのですが、仕事のやり方を変えるわけにも行かず、当面は薬のお世話になりながら少しずつ改善をしている状況です。

毎月1ヶ月分の薬を処方して頂く為に、クリニックに通っています。当然、そのクリニックの入っているビルの薬局で、処方された薬を購入して帰るのが恒例行事です。
8月もいつものように同じ薬を処方してもらい薬を購入後、自宅に帰り薬の領収書を見ると先月と金額が違うのです。それが、微妙に150円違うのです。
そこで電話をして確認をした所、入力ミスをしたので150円お返しします。という事で、普通の封筒に新しい領収書と150円が入って返金されて来ました。
新旧の領収書を見比べてみると、薬学管理料が89点から41点に変わっていました。これが入力ミスかと思い、念のために2015年1月から調べてみると他の2ヶ月分にも79点と89点となっている月があるのです。これは、本当に入力ミスなのでしょうか?
そうであれば、約40%の確立で入力ミスをしていることになります。

いったい何が正しいのかと『薬学管理料』について調べてみると、なんと入力ミス以外に根本的に『ぼられている事』が分りました。詳しい事は、以下の記事を参照してください。
  Daiamond Online: 知らないと損する!、医療費の裏技と落とし穴
  URL : http://diamond.jp/articles/-/49421

薬学管理料は、簡単にいうとお薬手帳を使用している場合は41点、使用していない場合は34点なのです。お薬手帳を使用している場合も、薬局がしなければならない対応をしない場合は41点を請求出来ません。ご興味ある方は、良く調べて見て下さい。

わたしはこの薬局を始めて訪れた際に、お薬手帳の使用を確認されました。その際に、わたしはサプリメントなども摂っているので、スマホのアプリで管理をするのでお薬手帳は使用しませんと回答しています。
つまり、私の薬学管理料は、最初から34点なのです。入力ミス以外に、毎月差額を詐欺られていたのです。ちなみに41点と34点の自己負担額の違いは、20円です。しかし、保険組合側は7割負担ですから、50円多く請求されているのです。

仮に、国民の約半分の人が、毎月お薬手帳を使用していないのに41点請求されていた場合、国民の自己負担と国保などの組合の負担は、以下の金額を一年で多く払っている事になります。

 国民自己負担総額  : 20円 × 国民の人口 の約半分 × 12ヶ月
                 = 152億2,800万円
 国保等組合負担総額 : 50円 × 国民の人口 の約半分 × 12ヶ月
                 = 380億7,000万円
 ※ (平成27年8月の人口推計 : 1億2,689万人の半分 ⇒ 約6,345万人)

全く根拠無くざっくり計算しても、こんな金額になります。実際は、高齢者の1割負担や1ヶ月に複数の医療機関から処方箋をもらっている方がいるなどあるので、この数字は単なるお遊びにしか過ぎません。
しかし薬局で薬を購入する際に、お薬手帳を使わない方が『薬学管理料』を34点であることを確認するだけで、数百億円の医療費が削減できるのです。
それ以外に、私の様に8ヶ月で3回も点数のミス入力をする薬局をありますので、その様な不正な請求を未然に防ぐ事で更に医療費の削減が行えるハズです。

ちなみに9月は別の薬局で、処方箋を出して薬を購入しました。もちろん、最初にお薬手帳は不要と伝えました。そして、会計の際に領収書を見ると、薬学管理料が41点になっていました。
すぐに、『お薬手帳は使用していないのだから、34点でしょう?』と確認すると、今は点数が変わったのかな?とブツブツ言いながら34点に修正をしました。2014年の4月から点数が改正されていますので、この薬局は約1年半改正を知らないと言っているのと同じです。
そこで更にいらない一言。『わずかですが、安くなりました。』と言ったので、これは立派な詐欺ですよ。と捨て台詞を言って帰って来ました。二度とこの薬局には行きません。
ちなみにこの薬局は、大学病院の周辺にある薬局です。どれだけ、詐欺にあっている患者が多いか知れません。恐ろしい話です。

つまり、先ほどの保険点数を計算したシュミレーションは、当たらずともいえども遠おからずな数字の可能性が高い気がしています。
薬局で処方箋の薬を購入される場合、お薬手帳を使用しない方は34点、使用する方は41点を必ず確認されてください。多くの方が、一律41点で請求されていると思います。
1回はわずかな金額ですが、つもり積もれば膨れ上がった医療費の削減に貢献できる金額です。
日本の皆保険制度が崩壊しないように、些細な事ですが皆で無駄な出費を抑えましょう!

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

これからは、セルフメディケーション!

あっと言う間に前回の更新から1ヶ月以上がたってしまいました。
寛解から2年半を過ぎた頃から体調もよくなり、体力もかなり戻って来ました。抗がん剤は半年から一年間は身体に残るようですが、自らの経験上では完全に抗がん剤が消えて身体が復活するには2年以上かかった気がします。つまり、抗がん剤治療をした方は、再発を防止する為には治療後2年間は無理をしない事が大変重要だと言えるのではないでしょうか?
これは以前担当の医師が、悪性リンパ腫は寛解後2年の間に再発する可能性がほとんどだという話と一致すると思います。

そして、抗がん剤が長く身体に残っている証拠は、非常に面白い所で確認できました。
単なる個人的な印象なのですが、夏に蚊に刺されなくなったのです。正しい情報か分かりませんが、血液型がO型で、体温が高く、二酸化炭酸を多く吐く人が蚊に刺され易いと言われています。抗がん剤治療以前は、私はこの条件に一致しており、家族の中では一番酷く蚊の餌食になっていたのも事実でした。
ところが、抗がん剤治療をした夏と翌年の夏は、家族に比べて蚊に刺されることが非常に少なかったのです。もしかすると体調が悪い為に体温が低くなっていただけなのかも知れませんが、私は蚊が毒(抗がん剤)の入った私の血を嫌ったのだと考えています。その証拠に、今年は既に何度も蚊に刺されています。

さて話は変わりますが、以前からお話をしているように、現在は『予防医療』や『ウェルネス医療』を目指す診療を行う新しい診療外来の立上げのお手伝いをしています。この外来を利用される事を想定している方々は、『セルフメディケーション』という各人が自分の健康を管理する考えを持って生活をされている方を想定しています。
しかし、日本では中々その考え方が浸透していないと思っていた所、6月23日の日経新聞の『今どきの健康学』にセルフメディケーションの話が出ていましたのでご紹介します。

日経新聞 : 『今どきの健康学』  自己管理 どこまで…

セルフメディケーションは、欧米先進国では約20年前から叫ばれてきたようですが、日本では2002年に認定NPO法人のセルフメディケーション推進協議会が発足した程度で、非常に国民の意識は低い状況だとの事です。
がんに患ったのをきっかけに機能性食品に興味を持ったり、生活習慣の改善を行って、がん再発を防ぐセルフメディケーションを実践して来ました。しかし、実践する中で、自分のやり方や考え方が正しいのかという疑問が常にありました。
そこで『あったらいいな…』と考えていたのが、セルフメディケーションをサポートしてくれる医療機関です。

記事の中でセルフメディケーションの利点は、ちょっとした体の不調を見つけやすいことだが、病気の兆しを見つけて治療をするのは自己責任となる為、健康や薬、医学などに関する知識もある程度必要になってくると書かれています。私も実践して、まさにその通りだと思います。

更に記事では、「素人判断」で医療機関にかからなかった為に症状が悪化し、駆け込んだときは既に手遅れだったという事態が生じる恐れもある。自己責任の意識が薄いといわれる日本人には、セルフメディケーションはなじみにくい気がするともあります。
しかし、これからの日本では、自分の身は自分で守らなければならないの事に変わりはありません。

これらの状況を整理すると、セルフメディケーションを行う人々をサポートしてくれる医療機関が、日本では大変重要になる事は間違いないと思います。現在、毎日地道に準備を進めていますので、ご紹介できるようになりましたら改めてお知らせしたいと思います。
私と同じ様な悩みをお持ちの方は、是非楽しみにお待ち下さい。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

古々彩々ショップ・バナー
おしゃべり天使のお店
古々彩々ショップ・バナー
ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログの保管場所
継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
Facebook Page
インナー・アンチエイジング ショップ
古々彩々のFacebookページです。



 こちらも是非ご覧下さい。
  &
『いいね!』もお願いします!
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
         ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
ブログ村検索ツール
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。