スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣改善は、アルツハイマー病も予防する!

お陰さまで新しく始めた仕事が最近は忙しく、ブログ更新が出来ずにいました。
現在の仕事は様々な病気を抱えている方々とお話する機会が多いのですが、病気はお医者様が治してくれると信じている方が多い事に大変驚いています。そして、病気は自分の間違った生活習慣などが作ったものだと説明しても、生活習慣を一切変えない方が多いのです。
私が一生懸命に生活習慣改善の重要性を説明すれば理解をしてくれるのですが、いざ実践となると暖簾に腕押し状態になる方が大半なのです。
このブログでも正しい生活習慣が病気を作らずに健康で居られる事をお伝えしていますが、『読んで頂いている方に、あまり伝わっていないのもしれない。。』と思うようになり、近頃は少々ブログを更新する気力が失われて来ています。
やはり、人間は私の様に病気が原因で一度死の淵まで行かないと、生活習慣改善に目覚めないのかも知れません。 とても残念です。

それでは、気を取り直して。。
今回は、『生活習慣改善は、アルツハイマー病も予防する!』についてお伝えしいと思います。

9月26日にNHKのためしてガッテンで、『まさかコイツが原因!? アルツハイマー新予防』という番組が放送されていました。最近も夜中に再放送をやっていたので、ご覧になられた方も多いと思います。詳しくは、以下のサイトでご確認下さい。
 番組情報 : 『生活習慣改善は、アルツハイマー病も予防する!』

番組のポイントは、アルツハイマー病は食習慣を適切にすれば予防が出来るという事でした。
そして、アルツハイマー型認知症の原因は、脳内にアミロイドβと言う老廃物が数十年かけて蓄積されて脳細胞が破壊されることで発症すると説明がされていました。また、通常はこのアミロイドβはインスリン分解酵素により分解されて蓄積がされませんが、食事が偏るとインスリンが多量に放出されるとその処理に追われてアミロイドβの分解まで対応ができずに脳内にアミロイドβが溜まっていくとの事でした。

私が調べた限りでは脳内で慢性炎症が続くとアミロイドβが発生する様ですので、本来の元凶は加齢や間違った食生活が起こす慢性炎症だと言えるようです。
事実、他の病気で炎症止めの薬を服用している方には、アルツハイマー病を発症する方が少ないという統計結果も出ていますのでこの発生メカニズムは間違いないと思われます。

番組では、インスリンが多い人を2型糖尿病患者or糖尿病予備軍、肥満の人、運動不足・筋肉不足な人と特定し、アルツハイマー病になるリスクが高いので食生活の改善を呼びかけていました。
リスクが高いと言われた症状に心当たりのある方は、すぐに改善に取り掛かられては如何でしょうか?

ここで私が注目したのは、以前もお話をしたインナー・アンチエイジング生活の食生活の改善がアルツハイマー病の予防にも役に立つ点でした。インナー・アンチエイジング生活が、アルツハイマー病の予防に効果がある事は過去のブログでもお伝えしています。ご興味あれば、以下のブログを参考にされて下さい。
  ⇒ 8月25日付け 『認知症患者が急増! その原因は?』

ここまで様々な事実が分かってくると、アルツハイマー病は生活習慣病と言っても過言では無いような気がします。
現在65歳以上の方のうち10人にひとりが認知症にかかっていると言われ、高齢化社会を迎え認知症にかかる方が急速に増えています。少し前までは、認知症患者さんの数は日本全国で約100万人と言われていました。これが2030年には300万人に達すると予測されていると言うのです。認知症の内訳は50%はアルツハイマー病、20%が脳血管性認知症(脳梗塞などによるもの)、そしてレビー小体型認知症が20%との事ですので、生活習慣を改善すればアルツハイマー病と脳血管性認知症を合わせた70%の方が予防できるハズです。
この事から、家族、特に子供達に迷惑をかけない為にも、生活習慣の改善は大変重要な事がわかります。

アルツハイマー病に関する情報は、以下のサイトに多くの情報がまとまっており、内容も一般人が読んでも理解しやすい内容でした。アルツハイマー病が気になる方は、参考にされてください。
アルツハイマー病情報 : 山本クリニック

最後にお伝えしたい事は、アルツハイマー病も含め生活習慣の改善が全ての病気を予防する事を信じて是非実践してもらいたいという事です。
私も経験しているので良くわかりますが、生活習慣の改善は確かに大変です。しかし、病気にかかれば、痛いは辛いは悲しくなるは、挙句の果てには働けなくなったり死んでしまったりするのです。
そしてこれらの病気の更なる問題は、家族の人生をも狂わせてしまうことです。
取り返しのつかない状況になってから、過去の自分の不摂生を反省して焦っても時間は戻りません。がんの場合は、焦ってダメもとで抗がん剤治療や放射線治療を必要以上に行えば、命を縮める事にもなってしまいます。

全ての悪習慣を一気に改善するのが難しければ、一つづつ始めれば良いと思います。そして、自分で改善が難しい習慣は、『機能性食品』で補えば良いのです。その実践方法が、『インナー・アンチエイジング生活』です。少し宣伝をさせて頂くと、機能性食品を始め易くする為に『初回お試し特別価格』の商品を企画しました。ご興味ある方は、古々彩々HPをご覧下さい。

また、機能性食品を始める方とお話をすると、毎日多くの種類の薬を飲まれている方が多い事にもビックリします。これは、がん・糖尿病・心臓病などの病気になると夫々の専門医に診察してもらい、各々の病気の『症状を抑える薬』を飲み続けるからの様です。
薬は対処療法ですから、病気を根本的には治せません。根本的に病気を治すためには、病気を作っている原因(食生活や運動不足など)を改善し、自らの自然治癒力を高める対策をするしかありません。
野生の動物達には、病院もなければ薬もありません。薬といえば、薬草を自ら食べる事でしょうか?人間も病気を根本的に治せるのは、『食』しかないと思われます。
人間は薬などの医学が発展している為に病気を克服していますが、震災などが起これば薬が手元に無いだけでも命が危険にさらされてしまうのです。そうならない為にも、常用薬を必要としない健康状態を保つ事も自分が出来るとても重要な『震災対策』だと思います。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい! 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

古々彩々ショップ・バナー
おしゃべり天使のお店
古々彩々ショップ・バナー
ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログの保管場所
継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
Facebook Page
インナー・アンチエイジング ショップ
古々彩々のFacebookページです。



 こちらも是非ご覧下さい。
  &
『いいね!』もお願いします!
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
         ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
ブログ村検索ツール
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。