スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『癌3大治療では、癌は完治しない』って知ってますか?

悪性リンパ腫のステージⅣから復活したという『噂』を聞いたがん患者の方やそのご家族の方々から、その経験と対策についてお問合せを頂きます。現在、インナー・アンチエイジング生活の実践に機能性食品の活用を広げるネットショップを始めた事もあり、ネットで検索をされてご連絡をされて来られる方もいらっしゃいます。改めて、がんで悩まれている方が多い事を毎日実感しています。

お問合せを頂いた時は、現代医療のがんの3大治療ではがんの根治治療は出来ない事を前提にお話をするのですが、それがどうも信じられないという感じが伝わってきます。
私の悪性リンパ腫の大きな腫瘍も抗がん剤治療でめでたく予定通り完解した時は、これで治ったものと大喜びをした経験がありますので、日本の最先端医療でがんが根治しないという言葉はにわかには信じられない様です。そもそも、がんから復活したとは言え、現在は機能性食品を販売する健康食品屋のおやじが言うのですから、『眉唾』と思う方が当たり前なのかも知れません。
私の場合は、完解の3ヵ月後に抗がん剤の副作用で動けなくなった時に当時の担当医から『検査して数値に問題が無いのだから私にこれ以上何をしろと言うのですか!お望みなら、PETでも抗がん剤でも何でもしますけど!』的に逆切れされた事をきっかけに現代医療の限界に気づきましたが、なかなか私の様な強烈なきっかけがないと信じられないのかもしれません。

ある医師の話で、『一般的には初期のがんの患者の方が末期の患者に比べて完治する可能性が高いと思われるがちだが、実際は患者の気持ち次第だ。』と言う話が興味深く脳裏に焼きついています。初期がんの患者は、簡単な手術で終わってしまった事もあり生活習慣を変えないことで再発する可能性が高いが、逆に末期と言われた患者は何でもするという心の切り替えが早いと意外に再発をせずに過ごせることがあるというものでした。
私は、この話は非常に核心をついた経験談だと思っています。事実、私も先日もう再発の可能性は低いというクリスマスプレゼントをもらってから、少し生活が雑になって来ています。もう一度辛かった治療や副作用に悩まされた日々を思い出して気を引き締めている今日この頃です。

そこで、抗がん剤ではがんは治らないという話が、単なる健康食品屋のおやじが言っている戯言ではない証拠に以下の『独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター』のサイトのがん情報サービスをご覧頂きたいと思います。
 該当ページURL http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/drug_therapy.html
ご興味がある方は、是非一読される事をお勧めします。一度読まれれば、自分のがんに対する知識があやふやな間違った情報が多い事に気付かれると思います。特に、以下の点を読まれると『抗がん剤は万能薬ではない』ことを国の機関が明言している事がお解かり頂けると思います。

今回関係する部分を抜粋してご説明すると、ここのページの『2.局所療法と全身療法』でがんの3大療法について概要説明がされています。基本的には手術と放射線治療が局所療法で、抗がん剤治療が全身療法に分類されています。
ここでのポイントは、手術も放射線治療の場合も『原発巣にとどまっているがんの場合には完全に治すことができる場合 “も” あります。』と記載されており、手術や放射線治療で治せるケースは非常に少なく、その対応も検査でわかった腫瘍を取り除くだけの『対処療法』だと言えます。
つまり、これらの治療ではがんの腫瘍が出来た原因を取り除いていませんので、がんが出来た原因である間違った生活習慣を変えない限り再発するのは当然だとお解かり頂けると思います。


続いて、『4.がんの薬物療法』には、抗がん剤についての説明がもう少し詳しく記載されています。
ポイントをHPから一部抜粋したのが、以下の内容です。

============
「この抗がん剤はよく効く」と書いてあれば、おそらく「これでがんが治る」と考えられるかもしれません。しかし多くの場合、そういうことはありません。抗がん剤で治療して、画像診断ではがんが非常に小さくなり、よく効いたように感じたとしても、残念ながらまた大きくなってくることがあります。それでも見た目には著明に効いたようにみえますので、「効いた」といわれるわけです。例えば肺がんの効果判定では、CTなどによる画像上で、50%以上の縮小を「効いた」と判断します。もちろん、抗がん剤でがんが完全に治るということもありますが、通常「抗がん剤が効く」という場合、「がんは治らないが寿命が延びる」、あるいは「寿命は延びないけれども、がんが小さくなって苦痛が軽減される」といった効果を表現しているのが現状です。もちろんそれで満足しているわけではなく、がんが完全に治ることを目指しています。しかし、難治性のがんの多くでは、効果よりも薬物有害反応の目立つことが少なくありません。
============

上記をお読みになればお解かりの通り、通常抗がん剤を使用する効果は、悪性リンパ腫など一部のがんを除き『寿命を延ばす事』や『がんの苦痛を軽減する事』に限定されると明記されているのです。また、抗がん剤治療の場合も、今あるがん細胞を駆逐するだけであり、がんになった原因を取り除いてくれる治療ではありません。更に抗がん剤治療は、正常な細胞も攻撃してしまいますし、免疫力が極めて低下します。ですから、抗がん剤でがん細胞は駆逐出来たものの、免疫力が低下する事で肺炎などにかかりがん以外の原因で亡くなる方も少なくないのが現実です。

国立がん研究センターがん対策情報センターの情報を一読頂ければ、日本で先進医療の3大療法ではがんの根治治療は出来ないと言う事実が、単なる健康食品屋のおやじが言っている戯言ではない事がおわかり頂けると思います。
繰り返しになりますが、がんと言う病気は自分が作ってしまった病気ですから、心を入れ替えて自分が治さないと治らない病気なのです。特に食生活の改善が人間にとって最も困難な事は身をもって知っていますが、これが一番重要な『鍵』となる改善となりますので白米を玄米にする事からでも始められては如何でしょうか?

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい! 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

がん治療でiPS細胞の活用が開始!

お陰様で、再発もせず無事に2013年を迎える事が出来ました。
皆様も穏やかなお正月をお過ごしの事と思いますが、お正月はどうしても日頃に比べて暴飲暴食になりつつあり反省をしています。
特に年末から年始にかけては日本酒をはじめワインやシャンパンと朝から飲んでしまったので、明日からは心機一転もとの生活に戻ろうと思っています。少し名残惜しい気もしますが、お酒は飲みつけないと以前のように大量に飲めない様ですし、そもそも段々美味しくなくなっていく事から以前の様な習慣性はなくなった気がします。

2013年始めのブログは、1月4日の日経新聞の記事にiPS細胞を利用したがんの免疫細胞治療が発見された記事について情報をお伝えしたいと思います。

日経記事 :免疫細胞の能力回復 東大など、iPS化で若返り

現在のがんの3大治療は手術・抗がん剤・放射線ですが、実はこの治療ががん患者に痛み等の苦痛を与えていると言われています。以前のブログでも書いたと思いますが、がんでは人は死なないし、更に痛くないのであればがんと宣告されたからと言って慌てる必要はないと思います。
しかし、がん細胞が増えて大きな腫瘍になる事で、血管や神経を圧迫したり臓器の機能を妨げてしまい、最終的に人は亡くなってしまうので、やはりがんは怖い病気です。
そこで、現在がんの第4の治療として注目されているのが免疫細胞治療です。免疫細胞治療は副作用が無い治療ですが、効果が未確認の割には保険外治療の為治療費はかなり高額ですのでそう簡単には受けられない治療です。

今回発表された治療法は、体の免疫細胞からiPS細胞を体外で作製し、免疫細胞を若返らせる事でがん細胞やウイルスへの攻撃力が高まると考えられる治療です。よって、かなり期待できる治療だと思います。
iPS利用の癌治療図がん等を患うと体の免疫細胞が疲弊して弱ってしまいますが、新手法で免疫能力を回復すれば自らの免疫力でがん細胞を攻撃できることになります。今後、患者の体内に戻した若返った免疫細胞が実際に働くことを確認し、早期に病気に対抗する効率的な新しい免疫療法につなげられれば手術や抗がん剤等を使用しないで、副作用の無い治療が受けられ事になりますのでがん患者には朗報だといえます。

とは言え一番重要な事は、がん等の病気にならない生活を心掛ける事ですし、万一がんになってしまった場合は、この新しい治療を受けながら病気になった原因を無くす生活に切り替えないと再発を繰り返す事は明白です。
どんなに新しい治療法が見つかっても、がんは自分が作ってしまった病気と考え、自らが治さないといけない事には変わりありません。

私が現在再発防止の為に行っている方法は、正しい生活習慣を実践し、機能性食品で自らの免疫力を維持・向上するインナー・アンチエイジング生活ですので、ある意味この免疫療法と同様な考え方で新たに毎日発生するがん細胞を攻撃できていると思っています。
インナー・アンチエイジング生活を実践していたお陰で、前回の定期検査で担当医から嬉しいクリスマス・プレゼントがもらえたと思っています。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい! 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

古々彩々ショップ・バナー
おしゃべり天使のお店
古々彩々ショップ・バナー
ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログの保管場所
継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
Facebook Page
インナー・アンチエイジング ショップ
古々彩々のFacebookページです。



 こちらも是非ご覧下さい。
  &
『いいね!』もお願いします!
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
         ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
ブログ村検索ツール
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。