スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寛解後丸四年の経過観察診断

忘れもしない2010年6月23日。待望の『寛解』という言葉が、担当医から聞けました。それから4年後の同じ6月23日に、4年目の経過観察診断を受けて来ました。

経過観察の検診日が近づくと、いつも不安からか嫌な気分になります。
今回は先日発覚した高血圧症という問題もあり、更に嫌な予感がしてなりません。なぜならば、高血圧症はメタボリックシンドロームの1つであり、ガンを始めたとした生活習慣病を起す1つの要因でもあるからです。寝ていたガンを起す可能性もあると思います。長い間健康に気をつけて来たことが、水の泡になってしまう可能性もあるのです。

高血圧症に関しては処方された薬を摂り、適度な運動と減塩、食事による減量対策を以前にも増して行った結果1ヵ月で改善して薬の量は半分に減らす事が出来ました。減量作戦を行った結果、1ヶ月で体重を約2kg減量する事も出来ました。努力をすると、打って響くように変化が現れる体質なのでモチベーションは落ちません。

話を戻して診断結果ですが、今回の腹部CT結果は1年前のCT画像と比べて再発の兆候は見られないとの事で今回も無事にクリアできました。血液検査に関しても、前回指摘されたヘモグロミン濃度や高血圧時に指摘されたコレルテロール等の多少の異常値も基準値内に収まっていました。
生活指導面では、巨大な悪性リンパ腫が圧迫しダメージを受けた右の腎臓は、その後遺症が残っている為に夏場は特に水分を多く取るようにとの事でした。
手放しで喜べる完璧な結果ではありませんでしたが、とにかく再発をしていなくてホッとしました。

近頃は高血圧症の改善や仕事の関係で、以前から気になっていた現代社会に最も適した食生活に興味を持っています。寛解後に一番最初に行ったのが、マクロビオティック。その後、マクロビオティックにゲルソン療法のテイストを加味して実践して最悪な状態を乗り切りました。
詳しい経緯は過去のブログに書いてありますが、自己流マクロビオティックを続けた結果何かが違うと感じるようになり、現在は炭水化物を減らしタンパク質と野菜を多く取る食事にしています。

マクロビオティックや厳格な玄米菜食の食事法を調べると、肉は全て悪など偏った食事法です。しかし、様々な食事理論の情報を調べると、各々の理論にも一理ある気がしています。以前も書きましたが、ガンの治療期、寛解後の体調回復期、そして健康の維持期などその時々の体調に合った食生活があるので適切な食事を柔軟に選ぶ事がベストではないかと考えています。

多くの食生活理論は数十年前に確立された理論が多いので、現代手に入れられる食材(野菜や肉など)では理論が成立しなくなっている気もしています。
例えば、今スーパーに並んでいる野菜は、20年前に比べて栄養素がかなり低下しているようです。以下の記事を見て頂くとわかりますが、野菜100グラムあたりのビタミンCの含有量が20年前と比べてニンジンは7mgから4mgに、トマトは20mgから15mg、ほうれん草は65mgから35mgに低下しているとの事です。更に1950年のほうれんは、100gあたりのビタミンC含有量は150mg。それが1982年には65mgになり、2000年には35mgになっています。つまり、50年で含有量が、約5分の1にも低下している事になります。
野菜を沢山食べる事は大変ですが、栄養価が下がっているのであれば更に多くの野菜を食べなくてはならない訳です。なんと、ほうれん草なら5倍です。
そういう時代であれば、現代流の食事法を考える必要があると思うのです。
 記事: 野菜の栄養価、昔と今ではこんなに違う!?

また、現在推奨されている炭水化物60%たんぱく質15%脂質25%の食事バランスも、何ら根拠がないとも言われています。年齢や体調に合わせて食事方法は変化をさせる、そして、その考えられた適切な食事で、自分の健康がコントロール出来る事が理想だと考えています。

最近は現代流の食事法を考える一環で、サプリメントを摂り始めています。今摂っているのは、マルチビタミン&ミネラルとビタミンCの2種類です。ドラッグストアーに行くと様々なサプリメントがありますが、そこは今行っている仕事柄、その道の情報を沢山仕入れて厳選をしました。

結局、医療機関が代替医療として使用するサプリメントを仕事で取り扱わせて頂く事にし、他の機能性食品同様に自分の体で人体実験を開始した訳です。
この2つのサプリに絞った理由は、日常の食事にいくら気を使っても身体が必要とするビタミンやミネラルを摂取するのは難しい事、そして、副作用がなくガンを叩く抗酸化作用が強力なビタミンCを多量に摂取してもう一年再発をせずに過ごしたいという考えからです。
これからは、4年間無事に過ごせたレンチンプラス1000LYによる免疫力向上対策に加え、サプリを取り入れた現代流食生活を行い、一番お座なりになってしまう適度な運動も実践し、更にストレスは受け流して『完治』を目指したいと思います。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

古々彩々ショップ・バナー
おしゃべり天使のお店
古々彩々ショップ・バナー
ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログの保管場所
継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
Facebook Page
インナー・アンチエイジング ショップ
古々彩々のFacebookページです。



 こちらも是非ご覧下さい。
  &
『いいね!』もお願いします!
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
         ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
ブログ村検索ツール
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。