スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな食事改善の試み

完治の診断を頂き、闘病生活を卒業して約1ヶ月が経ちました。
多くの方々から完治祝いのお言葉やメールを頂き、本当に完治をしたのだな~と実感しています。
最近会う方からは、『大病したとは全く見えない。』とよく言われます。これはガン専門病院の担当の先生も言われるので、一般的に想像されるガン経験者とは違い普通に見えるからだと思います。
そんな時は、スマホに保存してあるPETの診断画像をお見せします。すると、皆さん言葉に詰まってしまうのです。
理由は明確で、素人が見ても尋常じゃない腫瘍の大きさが一目瞭然にわかるからです。その画像を見た方は『良く治りましたね。』と言われますが、当の本人が一番驚いているのが事実です。ほとんどの医師の方は、こんな大きな腫瘍は見た事がないと言われます。

では、なぜこの様な末期状態でも復活できたのかを考えると、ガンに罹った事実を受け入れて、自分が出来る生活改善を可能な限り行ったからだろうと漠然と思っていました。
そして、最近この推測が正しい事を裏付ける内容が書かれた本を読み、同じ様な体験をしているガン患者はこの世の中に何人もいる事がわかりました。
この本は、現状では私の実践した闘病経験や考え方とほぼ同じ事が書かれている気がします。最後まで読み終わってお勧めできる本であれば、いつかご紹介をしたいと思います。

さて、生活習慣の改善で最も重要なファクターは、食の改善だと思っています。わたしは、闘病初期はかなり厳密なマクロビオティックを行い、その後はゲルソン療法も融合させた食事療法を行っていました。
しかし、再発予防強化期間の2年を過ぎた頃から、この食事では『力が出ない』、『やる気が出ない』と感じるようになりました。そこで、少しづつですが魚や肉(鶏肉のみ)の量を増やし、一般生活に近い食事に近づけて行きました。とは言え、免疫調整力をあげる機能性食品に加え、通常の食事に抗酸化作用の強い食材を積極的に摂るなどの対策は行っていますので、現代の一般的な食事からするとかなり健康を意識した食事をしています。

今年の春頃までは、朝は玄米、昼は日本そば、夜は主食なしの生活をしていました。この時の体調不良は、胃が痛くなったり、お腹がはったりする事が時々起きていました。それ以外は快調でしたが、どうしてもこの症状がなくならない状態でした。
その後、春を過ぎた頃からお昼の日本そばを、乾麺のうどんやそうめんに変えました。理由は、日本そばを製麺所に買いに行くのが面倒になったからです。すると、まずは体重が増加しだし、更に胃や腸などの消化器官の不調が続き始めたのです。
この不調の原因はなんだろうと考えていたところ、『どうも、小麦の摂取量が増えたのが原因では?』と思うようになりました。それ以外に生活習慣で変えたところはないので、ネットで小麦と体調不良の関係について調べて見ました。

すると『小麦』を問題している記事がかなり多い為、参考になりそうな以下の2つの本を読んで『小麦抜き生活』を始めることにしました。あくまでも、食の改善を行う為の参考情報です。この本の情報が全て正しいとは思いませんが、小麦が身体に悪影響を与えている事は良く理解が出来ますし、ガンの発生メカニズムにも大きく関係している事も納得が出来ました。



尚、約1ヶ月ちょっと自らが実践して得た効果や感想は、以下の通りです。
 ◇ 増えた分の体重が減り、元に戻った。
 ◇ 胃腸の不調回数が、大幅に減少した。
 ◇ 食欲が減少した。特に、甘いもの。
 ◇ 朝の目覚めが良くなった。
 ◇ 心なしか、やる気が増して考えも早くまとまる。

但し、小麦抜きを継続する上での弱点は、料理方法を工夫しない限り長くは続かないことです。
わたしの場合は、月に数回だけ楽しみに食べていたラーメン類やパスタは全く食べられなくなりました。そこで、糸こんにゃくを使用してお昼は毎食様々なメニュー開発をしています。上手に料理をすれば、麺系のメニューはストレス無く糸こんにゃくで代用できる気がします。

また小麦を完全に取らないことは、日常生活ではほぼ不可能だと思います。そこで、わたしの対策は、うどんやパスタ等の小麦主体の食品と明らかに小麦が使用されている食べ物だけを避ける事にしました。あまり精緻に食事の管理をすると嫌になり継続が出来ませんので、この程度がわたしにとってはベストです。
それでも、上記の様な効果が感じることが出来ましたので、わたしの場合は小麦アレルギーまでではないものの消化器系で炎症を起こす程度の影響があるのは確かなようです。

それと小麦は体内で炎症を起こすとされていますので、ガンの治療中の方は出来る限り避けられた方がガンの進行や再発が止められる可能性があがると思います。インナー・アンチエイジング生活は、体内の慢性炎症を出来るだけ避ける事を目的にしていますので、小麦は残念ながら食べない食品として皆様にお勧めしようと思っています。

この新たな食事の改善対策はこのまま取り入れて、消化器系の不調を避けることとガンの発症を予防して行きたいと思っています。

応援お願いします! ⇒ このバナーを“クリック”して下さい!

人気ブログランキングへ      人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

古々彩々ショップ・バナー
おしゃべり天使のお店
古々彩々ショップ・バナー
ブログの目次
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ブログの保管場所
継続購読ご希望
  継続購読をご希望の方は 【最新記事のRSS】をクリック!
リンク
Facebook Page
インナー・アンチエイジング ショップ
古々彩々のFacebookページです。



 こちらも是非ご覧下さい。
  &
『いいね!』もお願いします!
プロフィール

おしゃべり天使

Author:おしゃべり天使
1962年生まれのしし座♂。
         ⇒ もっと詳しく

2010年1月に、悪性リンパ腫(血液のガン)のステージ4と診断される。
R-CHOP療法を中心とした化学療法で、2010年6月に完全寛解。
必ず再発すると医師は予測していたが、生活習慣の改善と代替療法で再発を防止して2015年6月に無事に5年間で完治。

闘病生活で得た再発予防の知識とノウハウを、多くの方々に知って頂く為にこのブログを始めました。
このブログの趣旨・説明は、『プロローグ』に書いてありますのでご覧ください。

おしゃべり天使へのご質問・お問合せは、以下までお送り下さい。
“osyaberi.angel@gmail.com”

ブログランキング投票!
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
ブログ村検索ツール
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。